アポロ13はHulu,Netflixで配信ある?無料で見れるのは?

Hulu

Hulu,Netflixでアポロ13を見ようと思ったんですが、

残念なことにHulu,Netflixでの配信はありませんでした。

 

どうしても映画アポロ13を見たかったので、

Hulu,Netflix以外の配信サイトを調べてみると無料で見れるサイトがありました。

 

もっと詳しく説明するので、アポロ13を無料視聴したい方は、

参考にしてみてください。

 

アポロ13はHulu,Netflixで配信ある?無料で見れるのは?

映画「アポロ13」劇場予告

Hulu,Netflixで映画アポロ13の配信がなかったので、

Hulu以外の動画サイトでアポロ13の配信を調べてみました。

 

Hulu,Netflix他アポロ13の配信サイト

配信サービス 配信状況 無料お試し
31日間 今すぐ見る
30日間 今すぐ見る
14日間 今すぐ見る
14日間 今すぐ見る
レンタル 30日間 今すぐ見る
dTV 31日間 今すぐ見る

※これは2021年4月の配信状況です※

 

Hulu,Netflix以外のサイトだとアポロ13は

AmazonプライムとTSUTAYAで配信しています。

 

Amazonプライムが有料のレンタル作品で課金が必要ですが、

TSUTAYAでは見放題の作品として配信してました。

 

さらに初回利用者に1,100円分のポイントと30日間の無料トライアルがもらえます。

無料お試し中に解約した場合には料金は発生しません。

 


TSUTAYA30日の無料お試し

 

映画アポロ13の配信はHulu,NetflixでなくTSUTAYA

  • 30日間の無料お試し期間あり
  • お試し期間に1100ポイント付与(1100円分)
  • 月額2,659円(税込)・動画配信のみ月額1,026円(税込)
  • アポロ13を無料視聴できる!
  • 人気の最新作の映画が多数配信中!
  • いつでも解約OK!

TSUTAYAでは「アポロ13」を無料で見れます。

 

初めて登録する方は無料のトライアル期間が30日間もあり、

アポロ13を見終えて期間内に解約をすると、

料金が発生することなくアポロ13を視聴できます。

 

また動画の見放題作品数No.1なので、アポロ13以外にも、

Hulu,Netflixで見れない新作の映画やドラマの多くを楽しむことが出来ます。

 

TSUTAYA30日の無料お試し

TSUTAYAの公式サイト

 

関連記事:TSUTAYAは本当に無料で利用できる?動画配信とレンタルの違い

TSUTAYAで配信中の新作映画

 

TSUTAYAで配信中のトム・ハンクス出演映画

  • ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
  • フォレスト・ガンプ/一期一会
  • プライベート・ライアン
  • 幸せへのまわり道
  • ダ・ヴィンチ・コード
  • グリーンマイル
  • ハドソン川の奇跡
  • 天使と悪魔
  • 他多数

TSUTAYAは国内の動画サイトの中でも配信数がトップクラスなので、

Hulu,Netflixと比べても多くの人気の映画やドラマを楽しむことができます。

 

中には有料のレンタル作品もありますが、

初回登録でもらえるポイントを利用すれば無料で見ることもできます。

 

繰り返しですが、TSUTAYAには30日間の無料お試しがあり、

無料お試し中に解約すれば料金は発生しません。

 

TSUTAYA30日の無料お試し

TSUTAYAの公式サイト

 

Hulu,Netflixでの映画アポロ13の配信予定は?

Hulu,Netflixの公式サイトでアポロ13の配信予定を調べてみましたが、

いまのところHulu,Netflixでアポロ13の配信予定はありませんでした。

 

人気の映画なのは間違いないので、待っていればそのうちにHulu,Netflixで映画アポロ13の配信もあるかもですけどね。

Huluの配信予定ラインナップ

 

映画アポロ13はHulu,Netflixでは配信終了見れない

残念ながら映画アポロ13はHulu,Netflixでは配信しておらず、

Hulu以外の動画サイトだとTSUTAYAで無料視聴できると分かりました。

 

アポロ13を無料で見たい場合には、

TSUTAYAの無料お試しを利用して見てみると良いでしょう。

 

映画アポロ13のあらすじ・みどころHulu,Netflix

Apollo 13 (1995) – Houston, We Have a Problem Scene (4/11) | Movieclips

アポロ13号への搭乗が予定されているジム・ラヴェル船長(トム・ハンクス)とフレッド・ヘイズ月着陸船パイロット(ビル・パクストン)、ケン・マッティングリー司令船パイロット(ゲイリー・シニーズ)の3名の宇宙飛行士は、史上3度目の月面着陸を目指し、打ち上げの日まで訓練を重ねていた。ジムの妻マリリンは13号という不吉な数字に不安を感じていたが、ジムは気にしていなかった。
しかし、打ち上げ2日前になって予備チームの1人が風疹にかかり、抗体をもっていないケンは感染・発症の可能性があるとして、NASAから搭乗権を取り消されてしまう。ひどく落胆するケンとは対照的に、代役として突然月行きが舞い込んだ予備チームの司令船パイロットのジャック・スワイガート(ケヴィン・ベーコン)は歓喜する。

家族たちも見守る中、1970年4月11日13時13分、アポロ13号はサターンVロケットで発射。5基あるエンジンのうち1基が停止したもののミッションに影響はなく、打ち上げは無事に成功した。続いて月着陸船「LEM」(通称アクエリアス)とのドッキングも、シミュレーターでは失敗が多かったジャックだが、ここは無事に成功させる。
予定通りの軌道に乗ったアポロ13号は月までの道中、テレビ中継用の交信などのスケジュールをこなしながら航行していく。しかしこの交信はどこのテレビ局にも取り上げられず、放送される事はなかった。世間は3度目となった月着陸に対してすでに飽きており、クルーの情熱とは裏腹に大して注目されていなかったのである。

4月13日22時、アポロ13号は地球から約32万キロの地点に到達し、月までもう少しのところまで迫った頃、ヒューストンの管制室はジャックに、機械船の液体酸素[4]タンクを攪拌するよう指示を出す。

ところが、ジャックが攪拌スイッチを入れた途端に大きな爆発音がし、機体は激しく揺れる。大量の警告ランプが鳴り、酸素残量の計器が見る見る間に減っていく。計器の故障も疑われたが、ジムが窓から空気の流出を肉眼で確認。まだ月面着陸を諦めていなかった一同だったが、事態の深刻さを把握したヒューストンは、酸素の流出を止めるために燃料電池の反応バルブを閉じるように指示。それは月面着陸が不可能になる事を意味していた。しかし目論見は外れて流出は止まらなかった。

 

アポロ13のキャスト

監督:ロン・ハワード 製作総指揮:ブライアン・グレイザー

出演:トム・ハンクス ケビン・ベーコン ゲイリー・シニーズ ビル・パクストン エド・ハリス

 

アポロ13の公式サイト