ボヘミアンラプソディはNetflixで見れない!他に無料で見る方法はこれ!

netflix

【映画 ボヘミアンラプソディ】はNetflixでの配信は終了して見れない状態でした。

 

Netflix以外の動画サイトでの配信を調べてみると、

TSUTAYAとUNEXTでボヘミアンラプソディは配信していました。

 

UNEXTがレンタル有料作品なのに対して、

TSUTAYAでボヘミアンラプソディは初回ポイント利用で無料で見れます。

 

しかもTSUTAYAには初回30日間の無料お試し期間もあり、

期間内に解約すれば本当に無料で利用することができます。

 

ボヘミアンラプソディを無料で視聴したい場合にはTSUTAYAがおすすめです。

 

☟TSUTAYAでボヘミアンラプソディを視聴する☟

【TSUTAYA】30日間の無料お試し中!

 

 

ボヘミアンラプソディはNetflixで見れない!他に無料で見る方法はこれ!

配信サービス 配信状況 無料お試し
レンタル 31日間 今すぐ見る
30日間 今すぐ見る
14日間 今すぐ見る
14日間 今すぐ見る
レンタル 30日間 今すぐ見る
dTV 31日間 今すぐ見る

 

現在Netflix以外の動画サイトで「ボヘミアン・ラプソディ」の動画を無料視聴出来るのはTSUTAYAのみとなっています。

Netflixと比べてもTSUTAYAは映画の見放題配信の作品数が業界No.1です!

 

30日間の無料お試し期間中に「ボヘミアンラプソディ」だけでなく、人気作の映画や他のたくさんのアニメやドラマを楽しむことも可能です。

30日間の無料お試し中に解約した場合には料金は発生しません。

 

TSUTAYA30日間の無料お試し

TSUTAYAの公式サイト

 

ボヘミアン・ラプソディ配信はNetflixでなくTSUTAYA

  • 30日間の無料お試し期間あり
  • お試し期間に1100ポイント付与(1100円分)
  • 月額2,659円(税込)・動画配信のみ月額1,026円(税込)
  • 国内の映画の配信数が国内No1
  • 「ボヘミアンラプソディ」の動画が配信中
  • 人気の最新作の映画が多数配信中!

 

TSUTAYAは動画配信サービスが月額1,026円(税込)で利用できるサービスです。TSUTAYAでは【ボヘミアンラプソディ】他に数万本の映画が配信しています。無料トライアル期間が30日間もらえます。

TSUTAYAは無料トライアルでも1,100円分のポイントが付与され、動画配信や宅配レンタルを利用できます。 TSUTAYAはDVD宅配レンタルもあり家から出る事なく、DVDをレンタルができます。

返却する際も店舗に行かずポストで返却できます。月額2,659円(税込)となっていますが、動画配信のみなら月額1,026円(税込)で利用できます。

TSUTAYAでボヘミアンラプソディは無料ポイントで無料視聴できます。

 

TSUTAYA30日間の無料お試し

 

TSUTAYAで配信中の人気映画(Netflixよりも新作が多い)

  • TENETテネット
  • ミッドウェイ
  • グレイテストショーマン
  • ライフ
  • パラサイト

 

TSUTAYAではボヘミアンラプソディ以外にも話題の人気映画を続々と配信中です。新作の数でいうとNetflixよりも圧倒的に多いんです。

 

中には有料のレンタル作品もありますが、登録時にもらえるポイントを利用すれば無料視聴だって可能になります。

 

お試し期間中の31日間は本当に無料で利用できるので、お試し期間のみでも楽しんでみるのも良いでしょう。

 

 

ボヘミアンラプソディ視聴ならNetflixよりもTSUTAYA

 

【映画 ボヘミアンラプソディ】はNetflixでの配信はありませんでした。

 

Netflix以外の動画サイトでの配信を調べてみると、

TSUTAYAとUNEXTでボヘミアンラプソディは配信していました。

 

UNEXTがレンタル有料作品なのに対して、

TSUTAYAでボヘミアンラプソディは初回ポイント利用で無料で見れます。

 

しかもTSUTAYAには初回30日間の無料お試し期間もあり、

期間内に解約すれば本当に無料で利用することができます。

 

ボヘミアンラプソディを無料で視聴したい場合にはTSUTAYAがおすすめです。

 

☟TSUTAYAでボヘミアンラプソディを視聴する☟

【TSUTAYA】30日間の無料お試し中!

 

映画 ボヘミアンラプソディの概要Netflix

ボヘミアンラプソディNetflix:あらすじ

1970年代初頭のロンドン、ゾロアスター教徒ペルシャ系移民出身の青年ファルーク・バルサラは、移民差別を受けつつも音楽に傾倒していた。ある日ファルークはファンだったバンド「スマイル」のメンバーでギタリストのブライアン・メイ、ドラマーのロジャー・テイラーに声をかけ、ヴォーカリストが脱退したばかりの同バンドに見事な歌声を披露して新しいヴォーカル兼ソングライターとなり、同じく新メンバーのベーシスト・ジョン・ディーコンとともに新生バンドをスタートさせる。厳格な父とは折り合いが悪く、活動の再出発を前に、自分のルーツを嫌って「フレディ」と名乗り始めた。

同じ時期、フレディはケンジントンのお洒落な人気ブティック「BIBA」の店員メアリー・オースティンと知り合い恋に落ちる。「クイーン」と改名したバンドは、ワゴン車を売却してアルバムを自主制作する。レコーディングの様子を目に留めたEMIのA&Rジョン・リードは彼らをスカウト、ポール・プレンターが担当マネージャーとなる。フレディはさらに名字を「マーキュリー」に改名、デビュー・世界各国でのツアーとクイーンが躍進する中、フレディはメアリーにプロポーズする。

やがてクイーンはEMIの重役レイ・フォスターからヒット曲「キラー・クイーン」の路線を踏襲する曲を制作するよう命じられるが、同じことの繰り返しを嫌う彼らは反発する。フレディはオペラをテーマとしたロック・アルバムを作ると提案し、郊外での曲制作とレコーディングが始まる。メンバーの喧嘩を交えつつも、熱意を注いで完成されたアルバム『オペラ座の夜』の出来に彼らはおおいに満足する。しかし6分という長さと斬新な構成の曲「ボヘミアン・ラプソディ」のシングルカットを、フォスターは「ラジオでかけてもらえない」と認めずクイーンと徹底的に対立。しかしフレディ自らラジオに出演し、「本来ならラジオで聴けない曲」と同曲を独占放送、マスコミには酷評されるが大ヒットする。

その後クイーンはスターダムを駆けていくが、ツアーで多忙になる中、フレディは自身のセクシャリティに気づいていき、メアリーに自分はバイセクシャルだと告白する。しかし既に彼の本心を察していたメアリーは、彼にゲイだと指摘し、なおも彼女を求めるフレディと距離をおき他の男性と付きあうようになる。孤独を深めるフレディはパーティー三昧の生活に溺れるが、その場でジム・ハットンと出会う。ハットンに恋愛感情を抱くフレディは再会を希望するが、ハットンは「本当の自分を取り戻すことができたら再会しよう」といい、去っていく。一方で、それぞれに家族をもち、孤独をわけあえないメンバーとの確執が増し、フレディのセクシュアリティをスキャンダラスに晒そうとするマスコミとの対立による混乱、ポールの誘導によりリードを一方的に解雇するなどのトラブルを経て、高額のソロ活動契約を結んだことをきっかけに、決定的に仲間割れしてしまう。そんな中、新しくマネージャーに就任したジム・ビーチが、チャリティーイベントライブエイドの件を実質的にフレディのマネージャーになっているポールに伝えるが「忙しいから」とフレディには取り次いで貰えない。

 

ボヘミアンラプソディ:キャスト

フレディ・マーキュリー – ラミ・マレック[11](櫻井トオル)
メアリー・オースティン – ルーシー・ボイントン[12](川庄美雪)
ブライアン・メイ – グウィリム・リー[13](北田理道)
ロジャー・テイラー – ベン・ハーディ[13](野島裕史)
ジョン・ディーコン – ジョゼフ・マゼロ[13](飯島肇)
ジョン・リード(英語版) – エイダン・ギレン[14](志村知幸)
ポール・プレンター – アレン・リーチ[15](鈴木正和)
ジム・ビーチ(英語版) – トム・ホランダー[14](赤城進)
レイ・フォスター – マイク・マイヤーズ[16](咲野俊介)
ジム・ハットン – アーロン・マカスカー[17](花輪英司)
ジャー・バルサラ – メネカ・ダス(佐々木優子)
ボミ・バルサラ – エース・バティ(英語版)(加藤亮夫)
カシミラ・バルサラ – プリヤ・ブラックバーン(夏目あり沙)
ボブ・ゲルドフ – ダーモット・マーフィ(英語版)(小林親弘)
ケニー・エヴェレット(英語版) – ディッキー・ボウ(浜田賢二)
ティム・スタッフェル – ジャック・ロス
デヴィッド – マックス・ベネット(英語版)(下川涼)
メアリーの父親 – ニール・フォックス=ロバーツ
シェリー・スターン – ミシェル・ダンカン(英語版)(加藤有生子)
トラック運転手 – アダム・ランバート[18]
ライブの観客 – ルーク・ディーコン[19][注釈 4]

 

ボヘミアンラプソディの公式サイト

 

映画『ボヘミアン・ラプソディ』最新予告編が世界同時解禁!