Netflixでアニメどろろの配信ない?1番安く見れるのは?

netflix
本ページはプロモーションが含まれています
※本ページはプロモーションが含まれています※

※このサイトはアフィリエイトプログラムを利用してます※

Netflixでアニメどろろを見ようと思ったんですが、

残念なことにNetflixでの配信はありませんでした。

 

どうしてもアニメどろろを見たかったので、

Netflix以外の配信サイトを調べると無料で見れるサイトがありました。

 

もっと詳しく説明するので、アニメどろろを無料視聴したい方は、

参考にしてみてください。

 

 

Netflixでアニメどろろの配信ない?1番安く見れるのは?

残念ながらNetflixでどろろの配信がなかったので、

Netflix以外の動画サービスでの配信を調べてみました。

 

<どろろの配信状況>

配信サービス 配信状況 無料お試し
〇配信中 31日間 今すぐ見る
〇配信中 14日間 今すぐ見る
レンタル 30日間 今すぐ見る

※これは2022年11月の配信状況です。最新の状況は各サイトにて確認ください※

 

Hulu,Netflix以外のサイトだとどろろは

UNEXTとHuluとAmazonプライムで配信しています。

 

Amazonプライムは有料のレンタル作品となっていますが、

UNEXTとHuluなら見放題の作品として配信してました。

 

UNEXTは月額2,189円、Huluは月額1,027円となっていて、

Huluの方が安く利用することができます。

 

 

さらにHuluには2週間の無料トライアルがあり、

2週間以内の利用であれば無料で利用できます。

※無料トライアル中に解約した場合には料金は発生しません※

 

Hulu2週間の無料トライアル

Huluの公式サイト

 

関連:Hulu無料トライアルの注意点

どろろの配信はNetflixではなくHulu

  • 2週間の無料トライアル期間あり
  • 海外ドラマの配信数が多い
  • いつでも解約OK!
  • 国内の映画の配信数が国内No1
  • 月額1,027円
  • 【どろろ】が見れる!

Huluではどろろを無料視聴できます。

 

初めて登録する方は無料のトライアル期間が2週間もあり、

どろろを見終えて期間内に解約をすると、

料金が発生することなく視聴できます。

 

また動画の見放題作品数No.1なので、どろろ以外にも、

話題の新作映画や海外ドラマの多くを楽しむことが出来ます。

 

Hulu2週間の無料トライアル

Huluの公式サイト

 

関連:Hulu無料トライアルの注意点

どろろの配信はNetflixでなくUNEXT

Hulu盾の勇者の成り上がり

  • 31日間の無料お試し期間あり
  • お試し期間に600ポイント付与
  • いつでも解約OK!
  • 国内の映画の配信数が国内No1
  • 【どろろ】が見れる!

UNEXTではどろろを無料視聴できます。

 

初めて登録する方は無料のトライアル期間が31日間もあり、

どろろを見終えて期間内に解約をすると、

料金が発生することなく視聴できます。

 

また動画の見放題作品数No.1なので、どろろ以外にも、

話題の新作映画や海外ドラマの多くを楽しむことが出来ます。

 


UNEXT31日間の無料お試し

 

関連記事:UNEXTは本当に無料で利用できる?登録方法や解約方法

どろろのあらすじHulu

1969年4月6日から9月28日まで、フジテレビ系列で毎週日曜19:30 – 20:00 (JST) に全26話が放送された。虫プロダクションとフジテレビの共同制作。タイトルは、当初は原作と同じく『どろろ』であったが、1969年7月6日放送分(第14話)より『どろろと百鬼丸』へと改題された。

総監督を務めた杉井ギサブローは当時、独立プロダクションのスタジオ「アートフレッシュ」を主宰しており、そこに文芸として所属していた出崎哲が面白いと持ったきた原作版『どろろ』のアニメ化を虫プロに提案したところ企画が通り、音楽を冨田勲に依頼したうえ、杉井の絵コンテを元にアートフレッシュがグロス請けで作画を行ってパイロットフィルムの制作を行い、1968年1月29日に完成した。

冨田による同作品の音楽背景も、前もって必要な楽曲を溜め録り録音しておく方式が採用され、曲調も基本的に少人数のオーケストラに琵琶や鼓などの和楽器を加えた編成で、必要に応じて電気的に変調させた西洋楽器の響きと男声合唱が加えられており、冨田が「男声コーラスで魔物が迫ってくる感じを、琵琶の音で百鬼丸が呪いを打ち破る感じを表現した」と語る曲となった。

ところが、アートフレッシュは全員で仕事を空け、どろろ体制にしたにもかかわらず、放送予定が延びたと富岡厚司から告げられた。スタジオを持っていて金が無いのは困るからと相談したが、虫プロもきつくて何ともならないと返答された。そこで、東映時代の先輩でAプロダクションの楠部大吉郎に金を貸してほしいと泣きつき、借りることには成功するが、引き換えに『どろろ』が動き出すまでの間、メンバーはAプロを通じて『巨人の星』の作画下請けをする条件を呑む。しかし『巨人の星』は気が進まなかった杉井はその状態を逃れようと、『ルパン三世』の企画をAプロに持ち込み、『ルパン』のパイロットを準備している最中、カルピスが『どろろ』のスポンサーに決まる。

1968年4月から8月くらいまでの頃には制作が本格的に始まるが、第1話完成は同年10月2日、放送開始は1969年4月6日と半年間のブランクがあり、DVD-BOX封入解説書には、放送予定が延びたのではと記されている。

 

どろろの声優Hulu

百鬼丸:鈴木拡樹
どろろ:鈴木梨央
琵琶丸:佐々木睦
醍醐景光:内田直哉
多宝丸:千葉翔也
寿海:大塚明夫
縫の方:中村千絵
ナレーション:麦人

 

どろろの音楽Hulu

原作:手塚治虫「どろろ」
監督:古橋一浩
シリーズ構成:小林靖子
キャラクター原案:浅田弘幸
キャラクターデザイン:岩瀧智
音楽:池頼広
アニメーション制作:MAPPA、手塚プロダクション
製作:ツインエンジン

音楽
オープニングテーマ
「火炎」
作詞・作曲 – 薔薇園アヴ
編曲:女王蜂、塚田耕司 / 歌:女王蜂

エンディングテーマ
「さよならごっこ」
作詞・作曲:秋田ひろむ
編曲:出羽良彰、amazarashi
歌:amazarashi

 

どろろの公式サイト

 

どろろのサイト