Huluでゴジラが配信終了で見れない!無料視聴できる動画サイトは?

Hulu

残念ながらHuluでの【ゴジラ】は配信終了して見れない状態になっています。

 

Hulu以外の動画サイトでゴジラを視聴できないかと調べてみると、

UNEXTのみがゴジラの全シリーズを見放題で配信していると分かりました。

 

ゴジラを無料で視聴する場合にはUNEXTを利用しましょう。

UNEXTには31日間の無料お試し期間あり、

もしも、お試し期間内に解約した場合には料金が発生することはありません。

 

☟UNEXTでゴジラを無料視聴する☟

【U-NEXT】31日間の無料お試し中

 

Huluでゴジラが配信終了で見れない!無料視聴できる動画サイトは?

残念ながらHuluでゴジラの配信はありませんが、

UNEXTを利用すれば無料視聴も可能なことが分かりました。

 

UNEXTには初回登録で31日間の無料お試しが付いていて、

お試し期間内ならゴジラの無料視聴ができます。

 

ゴジラを配信してる動画サイト

配信サービス 配信状況 無料お試し
31日間 今すぐ見る
レンタル 30日間 今すぐ見る
14日間 今すぐ見る
14日間 今すぐ見る
30日間 今すぐ見る
dTV 31日間 今すぐ見る

 

現在「ゴジラ」の動画を全シリーズ無料視聴出来るのはU-NEXTのみとなっています。

U-NEXTは見放題配信の作品数が業界No.1です!

 

31日間の無料お試し期間中に「ゴジラ」だけでなく、

他のたくさんのアニメや映画やドラマを楽しむことも可能です。

 

UNEXT31日間の無料お試し

UNEXTの公式サイト

 

U-NEXTで【ゴジラ】の動画を無料視聴する

Hulu盾の勇者の成り上がり

  • 31日間の無料お試し期間あり
  • お試し期間に600ポイント付与
  • 月額2,189円(税込み)
  • 国内の映画の配信数が国内No1
  • 「ゴジラ」全シリーズの動画が唯一見放題で配信中

 

U-NEXTでは「ゴジラの全シリーズ」の動画が見放題にて配信中です。

初めて登録する方は無料のトライアル期間が31日間もあり、「ゴジラ 」を見終えて、期間内に解約をすると料金が発生することなく「ゴジラ」を視聴できます。

また動画の見放題作品数No.1なので、「ゴジラ」以外にも、シンゴジラやハリウッド版・アニメ版のゴジラの多くを楽しむことが出来ます。

 

UNEXTで配信してるゴジラは34作品

UNEXTで配信中のゴジラ作品は全部で34作品もあります。

昔懐かしいゴジラをはじめとする、これまでのシリーズを全て視聴できるんです。

 

中には新作の有料作品もありますが、

初回登録時のポイントを利用することで無料視聴も可能になります。

登録も2、3分で完了するため動画の視聴までが早いのも魅力です!

 

UNEXT31日間の無料お試し

 

ゴジラの視聴ならHuluよりもUNEXT

 

残念ながらHuluでの【ゴジラ】は配信終了して見れない状態になっています。

 

Hulu以外の動画サイトでゴジラを視聴できないかと調べてみると、

UNEXTのみがゴジラの全シリーズを見放題で配信していると分かりました。

 

ゴジラを無料で視聴する場合にはUNEXTを利用しましょう。

UNEXTには31日間の無料お試し期間あり、

もしも、お試し期間内に解約した場合には料金が発生することはありません。

 

☟UNEXTでゴジラを無料視聴する☟

【U-NEXT】31日間の無料お試し中

 

 

ゴジラのあらすじ

1954年11月3日、特撮映画製作を熱望していたスタッフが、当時社会問題となっていたビキニ環礁の核実験に着想を得て製作した、第1作“水爆大怪獣映画”『ゴジラ』が公開される。身長50メートルの怪獣ゴジラは人間にとっての恐怖の対象であると同時に、煽り文句などで「核の落とし子」「人間が生み出した恐怖の象徴」として描かれた。また核兵器という人間が生み出したものによって現れた怪獣が、人間の手で葬られるという人間の身勝手さを表現した作品となった。

映画評論家の樋口尚文は、本作の監督である本多猪四郎への取材において「戦後の暗い社会を尽く破壊、無秩序に陥らせる和製キングコングを作りたかった」という旨の言質を取っている[1]。水爆実験で蘇った怪獣がニューヨークの街を破壊していくというレイ・ハリーハウゼン特撮の怪獣映画『原子怪獣現わる』(1953年)に大きな影響を受けている。

観客動員数は961万人を記録。この成功を受けて直ちに続編が準備され、翌年の1955年に公開された第2作『ゴジラの逆襲』では怪獣同士の対決が初めて描かれた。この後しばらく東宝はゴジラ以外の怪獣・特撮映画を作っておりゴジラシリーズの新作の企画は無かった。7年後の1962年に公開されたシリーズ第3作『キングコング対ゴジラ』は、当初の企画はアメリカでキングコング(1933)のウィリス・オブライエンがキングコング映画の新作として「キングコング対フランケンシュタイン」として企画していたものである。

だが、この企画はアメリカでは資金調達が出来ず、オブライエンも企画から外されたものが回り回って東宝に売り込まれた。それまで東宝にはゴジラ映画の新作の予定はなかったが、東宝側は「キングコングと怪獣を闘わせるなら相手はゴジラしかないだろう」として、これを契約。「キングコング対ゴジラ」となった。これが国内で初めての怪獣対決映画となる。「キングコング対ゴジラ」は、当時の歴代邦画観客動員数第2位の記録となる1255万人を動員。アメリカなど日本国外でも上映され、大ヒットとなる。以降、日本国外で好調なセールスを買われた昭和ゴジラシリーズは、外貨獲得の手段として1960年代には矢継ぎ早に新作が製作された。

 

ゴジラの公式サイト

 

ゴジラの公式ツイッター