Huluでラブライブが動画配信中!無料でお得に見れて多く見れる動画サービスも紹介!

Huluでラブライブが動画配信中!無料でお得に見れて多く見れる動画サービスも紹介!

Huluでは「ラブライブ」が見放題で配信中です。

Huluなら月額933円で全ての動画が見放題で配信され、おまけに14日間の無料お試し期間まで付いています。

ですが、Huluよりもっとラブライブをお得に視聴できる方法を見つけました。

それはビデオパスを利用することで、Huluよりもずっとお得に視聴することができます。

ビデオパスなら月額562円という安さに加えて、無料お試し期間が30日も付いているんです。

ラブライブをHuluで見ようと思っている人は、ビデオパスの方がおすすめですよ

 

☟ビデオパスでラブライブ無料視聴する☟

Huluラブライブ

※30日以内に解約すれば無料で見れます※

 

ラブライブはHuluよりもビデオパスがおすすめ

Huluでラブライブは配信していますが、

Huluよりもビデオパスの方が安くてお得に見れることが分かりました。

2つのサービスの作品数や料金などを比較したので参考にしてみてください。

 

<ラブライブの配信状況比較>

Hulu ビデオパス
月額料金 933円 562円
無料お試し期間 14日間 30日間
登録時の無料ポイント 540P(円)
ラブライブ
ラブライブ! サンシャイン
ラブライブ!2期
ラブライブ!μ’s →NEXT LoveLive! レンタル600円
ラブライブ!μ’s 3rd Anniversary LoveLive レンタル600円
ラブライブ!μ’s New Year LoveLive!2013 レンタル600円
ラブライブ!μ’s First LoveLive レンタル600円

※〇は見放題の作品です※

 

Huluの月額933円に比べてビデオパスは約半額の562円のサービスです。

しかも無料のお試し期間がHuluで14日間、ビデオパスなら30日間とビデオパスの方がゆっくりと、無料で楽しむことが可能です。

しかも、ビデオパスには登録時の無料ポイント540Pがもらえるので、新作の映画を1~2本分は無料で見れちゃいます。

 

 

ビデオパスをおすすめする理由

ビデオパス

無料視聴ができる

ビデオパスはauが運営するVODサービスです。

もちろん、auユーザー以外の方どなたでも利用できます。

 

ビデオパスでは、テレビ朝日の最新ドラマの配信はもちろん、過去に放送された日本テレビやTBSのドラマも無料・見放題で視聴することができます。

人気の相棒シリーズの一部や、ドクターXシリーズは全シリーズ、スピンオフ作品を含め、見放題、またはポイントで無料視聴ができてしまうんです。

 

 

ビデオパスは30日間無料お試し中!継続しても540コインを還元!

auビデオパスでは初回登録のユーザーに限り、30日間の無料お試しを実施中です!

無料お試しの期間中は、見放題プランの動画を自由に視聴する事が可能!

登録後、30日以内に解約すれば利用料金は一切かかりません!

仮に継続したとしても、月額利用料はたったの562円です。

継続利用の場合は毎月540コインが自動的にチャージされ、このコインで新作の映画を視聴することができます!

 

スマホでも視聴できる

auビデオパスの配信動画はスマホでも視聴が可能です!

auビデオパスのアプリをスマホにダウンロードするだけで、いつでもどこでも動画を楽しむことができちゃいます!

もちろん、スマホ以外のデバイスでも視聴可能なので場所を問わずにお楽しみ頂けます!

 

ラブライブはHuluよりもビデオパス!

ラブライブを見るならHuluよりもビデオパスの方がお得に見れます。

全部で12話の作品なので、無料お試し期間を利用して無料で見ちゃいましょう!

 

☟ビデオパスでラブライブ無料視聴する☟

Huluラブライブ

※30日以内に解約すれば無料で見れます※

 

 

ラブライブのあらすじ

国立音ノ木坂学院の廃校計画が理事長より発表されました。2年生の高坂穂乃果は、親友の南ことりや園田海未と廃校を阻止するためのアイデアを考えるが名案は浮かばず、妹の雪穂の反応も冷たい感じです。

そんな中、穂乃果は学校が擁するアイドル「スクールアイドル」が全国的に流行していることを知り、自分達でも行おうと決心します。

穂乃果とことりと海未の3人で活動を始めるますが、生徒会長の絢瀬絵里は「学校のために部活動をやるべきではない」と反対します。3人は新入生歓迎会の直後にファーストライブを講堂で行うが、幕が開いても観客の姿はもちろんありません。

無人の観客席に挫けそうになる穂乃果たちであったが、アイドル好きの小泉花陽と、花陽の友人の星空凛が駆け付けたのを見て、穂乃果はライブの決行を宣言することになります。結局は、観客は手伝ってくれた友人と、花陽と凛の他は、作曲を担当してくれた西木野真姫、アイドル志望の矢澤にこ、副会長の東條希、そして絵里だけと残念な結果でした。

それでも穂乃果は、学校を守りたいという使命感だけでなく、歌やダンスを人前で行うことのやりがいと誇りを感じて、ライブで感じた楽しさをより大勢に伝えたいという想いを言います。

その後に、1年生の花陽・凛・真姫、3年生のにこ・絵里・希がメンバーに加わって、本当の意味で「μ’s」となった9人はオープンスクールでのライブを成功させ、学院存続に望みをなんとかつなぎます。

スクールアイドルの甲子園「ラブライブ!」参加を目指し、秋葉原での路上ライブや臨海合宿を経て絆を深めたμ’sは、「ラブライブ!」本選に出場圏内の20位以内にまでランキング順位が上がり、最終順位が確定するまでの残りわずかな期間に最後の追い込みをかけるためにより大勢の注目を集める文化祭ライブに挑みます。

しかし意気込みすぎた穂乃果の体調不良で、1曲目を歌い切った直後、穂乃果が高熱を出して倒れてしまいライブは失敗となります。穂乃果が高熱で寝込む中、他のメンバーの決断で「ラブライブ!」へのエントリーを辞退したんです。