レッドクリフはHuluやNetflixで見れない!無料視聴できるサービスは?

Hulu

Huluでレッドクリフの配信を調べてみたんですが、

残念ながらHuluでは配信終了して見れない状態でした。

 

Hulu以外の動画サービスUNEXT,Amazonプライム,dTV,Netflixなども調べてみると

UNEXTのみがレッドクリフ1,2を配信しています。

レッドクリフ1,2の視聴ならUNEXTを利用しましょう。

 

☟UNEXTの31日間無料で今すぐ見る☟

➡【U-NEXT】31日間の無料お試し中

 

レッドクリフはHuluやNetflixで見れない!無料視聴できるサービスは?

残念ながらHuluでレッドクリフの配信がなかったので、

Hulu以外の動画サービスでの配信を調べてみました。

 

<レッドクリフの配信状況>

配信サービス 配信状況 無料お試し
31日間 今すぐ見る
レンタル 30日間 今すぐ見る
14日間 今すぐ見る
14日間 今すぐ見る
30日間 今すぐ見る
dTV 31日間 今すぐ見る

 

Hulu以外のサービスではUNEXTのみが

レッドクリフ1,2を見放題で配信しています。

 

 

UNEXTでレッドクリフを無料視聴する

Hulu盾の勇者の成り上がり

UNEXTは月額2,189円(税込)と他の動画配信サービスと比較すると高めに設定されていますが、登録から31日間の無料トライアルがありますので【レッドクリフ】も無料視聴ができます。レンタル動画を視聴する為に使うポイントも600ポイント付与されるのでレンタル動画も実質無料で視聴することが可能です。

また付与されるポイントは有料動画の視聴の為だけでなく、電子書籍や映画チケットの割引クーポンにも活用できます。総動画本数も160,000本以上でアニメだけでも3000作品以上を視聴することが可能です。見たい映画や作品は見つからないことがないくらい作品数が多いのが特徴です。

UNEXTでレッドクリフは見放題で無料視聴できます。

 

 

TSUTAYA TVでレッドクリフを無料視聴

TSUTAYA TVというサービスを使って無料視聴する方法をご紹介します。 TSUTAYA TVは動画配信サービスが月額1,026円(税込)で利用できるサービスとなっています。TSUTAYAでは【レッドクリフ】の他にも数万本の映画が動画配信されています。現在、無料トライアル期間が30日間もらえます。

TSUTAYA TVは無料トライアルの入会であっても1,100円分のポイントが付与され、ポイントを使うことで動画配信や、宅配レンタルをお得に利用できます。 TSUTAYA TVはDVDの宅配レンタルもあり家から出る事なく、DVDをレンタルができます。返却する際も店舗に行かずに宅配で返却できます。月額2,659円(税込)となっていますが、動画配信のみなら月額1,026円(税込)で利用できます。

TSUTAYAでレッドクリフはレンタル作品となります。

 

 

Amazonプライムでレッドクリフを無料視聴

Amazonプライムビデオを使って【レッドクリフ】を無料視聴する方法を紹介します。アマゾンプライムは月額500円のサービスとなり、月々ではなく年間の契約にすると月額440円(税込)ともっとお得になる動画配信サービスです。30日間の無料お試し期間も用意されていて、アマゾンで買い物をする方にはおすすめのサービスです。

Amazonプライムビデオでは50,000本以上の映画やドラマ、アニメ作品が見放題で動画配信されていて、日本ではネットフリックスに続く大きな動画配信サービスとなっています。月額500円という安さは他の動画配信サービスではありえませんね。

Amazonプライムでレッドクリフはレンタル作品となります。

 

 

dTVでレッドクリフを無料視聴する

dTVは月額500円(税込み)で利用できる動画配信サービスとなっています。総動画本数も12万本以上と多いですが、見放題作品は2万本ぐらいしかなく10万本は有料なものとなっている為、注意が必要です。【レッドクリフ】は無料視聴が可能です。

dTVも31日間の無料トライアル期間が設定されている為、見放題作品は初月無料で楽しむ事が可能です。またBeeTV時代からのオリジナル作品に力を入れているので他の動画配信サービスよりもクオリティの高いオリジナル作品が楽しめるが特徴となっています。

dTVでレッドクリフの配信はありません。

 

 

Huluでレッドクリフを無料視聴する

Huluは月額1,026円(税込)の動画配信サービスで、2週間の無料視聴期間があります。Hulu手ごろな価格で60,000本以上の動画が見放題で視聴でき、月額料金の割に見放題な動画コンテンツ数が多いため、Huluコスパのいい動画配信サービスです。Hulu他の動画配信サービスと違ってHulu内の動画は有料のレンタル動画が無くて、Hulu月額料金以外に追加料金が請求されないところもややこしくなく、良い点だと思います。

Huluでレッドクリフは14日間ですが無料視聴できます

 

 

Netflixでレッドクリフを無料視聴する

ネットフリックスには800円、1200円、1800円の3つのプランが用意されています。どのプランもはじめの1か月は無料でコンテンツが完全見放題となっており、無料期間中に具体的な作品コンテンツや使い勝手などをユーザーがチェックできる体制になっています。

ネットフリックスの料金支払い方法は、クレジットカード、デビッドカードをはじめ、PayPal経由での支払いやソフトバンクまとめて支払い、iTuneStore支払い、そして各種ギフトカードなどで支払いが可能です。

Netflixで【レッドクリフ】の配信はありませんでした。

 

☟UNEXTの31日間無料で今すぐ見る☟

➡【U-NEXT】31日間の無料お試し中

 

レッドクリフのあらすじHulu

中国映画過去最高額の投資と言われ、物語冒頭における阿斗を救出する趙雲の獅子奮迅の活躍や、関羽・張飛が奮闘する八卦の陣での合戦シーンがある。また、周瑜とその妻小喬の愛や小喬に懸想する曹操の執着などのロマンス要素、周瑜と諸葛亮の間で板ばさみになる魯粛の描写などユーモラスな描写もある。

中国では2008年7月10日に公開。初日興行収入は2700万人民元、上映開始から11日目に2億人民元を超え、どちらも『トランスフォーマー』の記録を超える。公開から1か月で3億200万人民元となり、『王妃の紋章』を抜き中国国産映画の興収新記録となる[2]。

日本では第21回東京国際映画祭のオープニング作品として上映された後、2008年11月1日に一般公開。キャッチコピーは「三国志の完全映画化」「信じる心、残っているか」。2008年の年度別映画興行成績は50.5億円で、同年度4位となる。本編の前に物語の背景や主要人物のキャラクターを説明するナレーションを加え、本編中に役名や地位のテロップを挿入する日本版独自の仕様がある。また、エンドロール終了後に『Part II』の特報がある。また、PartIIの公開に先駆けて2009年4月12日にDVDリリースから僅か一ヶ月という異例の早さでテレビ朝日の日曜洋画劇場枠にて初のテレビ放送が行われた。当日は同時間帯1位の19.9%(関東地区、ビデオリサーチ社調べ)の高視聴率を記録。

あらすじ
三国時代の中国。漢の丞相の曹操(のちの魏の礎を築いた)は、北部を平定した後、南部も制圧するために兵を進める。その目的は、天下統一に邪魔な劉備・孫権の抹殺だけでなく、今は周瑜の妻となった天下一の美人小喬の奪取にもあった。荊州にいた劉備軍は南下して軍を立て直そうとするが、途中の当陽県長坂にて追いつかれ、敗走する。

夏口へ逃げた劉備は、部下の諸葛亮(孔明)の提案に従い、孔明を孫権(のちに呉を建国)のもとへ派遣する。孔明は孫権の総司令である周瑜と意気投合し、2つの勢力は共に曹操と戦う同盟を結ぶ。孫権は数万の軍勢を派遣し、劉備軍とともに長江の赤壁付近で曹操軍と相対し、両者互いに決戦のために水軍と陸軍を動かすのだった。

 

レッドクリフのキャストHulu

(周瑜)
トニー・レオン
(孔明)
金城武
(曹操)
チャン・フォンイー
(孫権)
チャン・チェン
(尚香)
ヴィッキー・チャオ
(趙雲)
フー・ジュン
(甘興)
中村獅童
(小喬)
リン・チーリン
(劉備)
ユウ・ヨン
(魯粛)
ホウ・ヨン
監督
ジョン・ウー
音楽
岩代太郎
脚本
ジョン・ウー
チャン・カン
コー・ジェン
シン・ハーユ
製作
テレンス・チャン
ジョン・ウー

 

レッドクリフの公式サイト

 

映画『レッドクリフ PartⅡ -未来への最終決戦-』予告編