Huluで配信Lの世界は吹き替え・字幕の両方で視聴できる?

Hulu

Huluで配信中の人気の海外ドラマ【Lの世界

そのLの世界ですが、吹き替えや字幕でも見れるのでしょうか。

 

Huluで調べてみた結果、Lの世界は吹き替えでも字幕でもどちらでも見れることが分かりました。

Lの世界を吹き替えや字幕で見たいと思っていた方は、Huluでさっそく見てみましょう。

 

HuluでLの世界は、シーズン1~シーズン6まで全てのエピソードを配信しています。

 

Huluには2週間の無料お試し期間があり、2週間以内に解約した場合には、料金が発生することはありません。

 

Hulu2週間無料でLの世界を見る

 

 

Huluで配信Lの世界は吹き替え・字幕の両方で視聴できる?

上でも紹介したようにHuluでは、Lの世界を吹き替えと字幕版の両方で視聴できます。

2週間の無料お試しがあるので、2週間のみでも楽しんでみると良いですね。

 

Huluで配信しているLの世界ジェネレーションQの吹き替えも見れる?

 

Huluでは【Lの世界】の他に、Lの世界ジェネレーションQの配信も行っています。

こちらのジェネレーションQも吹き替えと字幕の両方で見れるようになっています。

 

Lの世界を楽しんだ後は、ジェネレーションQまで見てお腹いっぱいになれますね。

繰り返しになりますが、Huluには2週間の無料お試しが付いていて、2週間以内に解約すれば無料で利用できます。

 

Hulu2週間無料でLの世界Qを見る

 

Lの世界吹き替えをHuluよりもお得に見る方法

 

Lの世界の吹き替え版をHuluやそれ以外の動画サイトで調べてみると、Huluよりももっとお得にLの世界を見る方法を見つけしまいました。

 

参考までに紹介しておくので、HuluよりもLの世界をお得に視聴したい方は参考にしてくださいね。

Lの世界を全シーズン見るには、Huluの無料2週間ではちょっと足りないと感じたからです。

 

UNEXT Hulu
無料お試し 31日間 2週間
Lの世界
ジェネレーションQ

 

Hulu以外の動画サイトでLの世界を配信しているのは、UNEXTのみとなっていました。

 

さらに、UNEXTには無料お試し期間が31日間もあり、Huluの2週間と比べると倍もあって、Lの世界の多くのシーズンが無料で見れます。

 

ゆっくりとLの世界を楽しみたい場合には、Huluで見るよりもUNEXTの方が、長く無料視聴が可能になりました。

 

UNEXTの無料お試し中に解約した場合でも料金は発生しませんでした。

 

UNEXT31日間の無料お試し

UNEXTの公式サイト

 

サービス内容はどちらが良いとかは名言できませんが、ゆっくりとLの世界を見るには無料お試し期間が長い方が良いのは明らかです。

 

UNEXTはLの世界以外の海外ドラマが豊富!

  • FBI: 特別捜査班
  • スーパーナチュラル
  • クリミナルマインド
  • ウォーキングデッド
  • メンタリスト
  • ゴシップガール
  • レガシーズ
  • イン・ザ・ダーク
  • ニキータ
  • ナンシー・ドリュー
  • インスティンクト -異常犯罪捜査-
  • グッド・ワイフ

 

もちろんこの他にも多くの人気の海外ドラマをUNEXTでは、見放題で配信しています。

Lの世界を見終わった後でも、ゆっくりと他の海外ドラマを見ることができます。

【UNEXT】の海外ドラマ一覧

 

UNEXT Hulu
海外ドラマ配信数 約900本 約420本

 

UNEXTとHuluの海外ドラマの配信数を比較してみると、圧倒的にUNEXTの方が多いことが分かりました。

Lの世界以外の海外ドラマでも見たい作品が見つかるのが、UNEXTです。

 

UNEXT31日間の無料お試し

 

Lの世界の吹き替えならHuluよりもUNEXTがおすすめ


Lの世界の吹き替えをHuluで調べていましたが、結果的にUNEXTで見る方が無料お試しが長く、多くの海外ドラマを楽しめることが分かりました。

 

ですが、Lの世界の吹き替えを見るにしても、シーズン6とジェネレーションQまでとたっぷりあるので、両方のサービスを利用してみるのが1番良いと思います。

 

UNEXTもHuluも無料お試しが用意されているので、サービス内容を確かめながら、Lの世界を見てみると良いですよね。

 

 

 

Lの世界のあらすじ・みどころ

シカゴ大学を卒業した新進作家のジェニーは、恋人・ティムが住むロサンゼルスのウェスト・ハリウッドに引っ越し、同棲を始める。人口の3分の1がセクシャルマイノリティであるウェスト・ハリウッドではLGBTは珍しくなく、ティムの隣家にもベットとティナという女性同士のカップルが暮らしていた。美術館のアートディレクターを務めるベットと映画会社で働くティナは交際歴7年の恋人であり、子どもをもつために精子ドナーを探しているという。ある日、ベットとティナ主催のパーティーにジェニーとティムも招待され、ジェニーはそこでカフェ「プラネット」のオーナーであるマリーナという女性に出会う。文学好きという共通点も手伝い、次第に距離を縮めていく2人。

プラネットは、ベットとティナの仲間たちが集っては近況を語り合う溜まり場でもあった。中性的なルックスで様々な女性と浮き名を流す美容師のシェーン、バイセクシャルのジャーナリストでお喋り好きなアリス、レズビアンであることを公表できずにいる恋に奥手なプロテニスプレーヤー・デイナ。当初は環境の変化に戸惑っていたジェニーだが、個性的な彼女たちと交流するにつれてLAでの生活に活路を見出す。

ティムの婚約者でありながらマリーナの魅力に抗いきれないジェニーは、ある夜、ついにマリーナと一線を越える。それは、新たな世界の幕開けだった。

本作の原案は、自身もレズビアンであるアイリーン・チェイケン(英語版) 、そしてミシェル・アボット、キャシー・グリーンバーグによるものである。チェイケンが初めて制作会社に企画を持ち込んだのは1999年であった。1年後、『クィア・アズ・フォーク』といったShowtimeのゲイドラマが高視聴率を取り始めていたため、本作の製作が開始。

ロサンゼルスのコミュニティがベースであり、内容の大半は実話を基にしている。なお、主要脚本家の10人中9人がレズビアンであり、ベルリン国際映画祭テディ賞受賞映画『GO fish』監督・脚本・制作のローズ・トローシュや、『GO fish』で共同脚本・制作・主演を務めたグィネヴィア・ターナー、テディ賞Siegessäule読者賞受賞作『恋のミニスカウエポン』監督・脚本のアンジェラ・ロビンソンなど、クィア映像作品界で著名なクリエイターが監督・脚本・プロデューサーとして多数参加している。

主な撮影は、カナダ・ブリティッシュコロンビア州バンクーバーのコースト・マウンテンタウン・フィルムスタジオにて行われた。

 

Lの世界の公式サイト

Lの世界ジェネレーションQ公式サイト

 

'What's Wrong?' Ep. 5 Official Clip | The L Word: Generation Q | SHOWTIME
'Nat Surprises Alice' Ep. 8 Official Clip | The L Word: Generation Q | SHOWTIME