Huluで図書館戦争は見れない‼UNEXTやNetflixでは見れる?

Hulu

Huluで図書館戦争の配信を調べてみたんですが、

残念ながらHuluでの配信はありませんでした。

 

Hulu以外の動画サービスUNEXT,Amazonプライム,dTVなども調べてみると

UNEXTのみが図書館戦争を配信しています。

図書館戦争の視聴ならUNEXTを利用しましょう。

 

☟UNEXTの31日間無料で今すぐ見る☟

➡【U-NEXT】31日間の無料お試し中

 

Huluで図書館戦争は見れない配信終了!

残念ながらHuluで図書館戦争の配信がなかったので、

Hulu以外の動画サービスでの配信を調べてみました。

 

<図書館戦争の配信状況>

配信サービス 配信状況 無料お試し
31日間 今すぐ見る
レンタル 30日間 今すぐ見る
14日間 今すぐ見る
14日間 今すぐ見る
30日間 今すぐ見る
dTV 31日間 今すぐ見る

 

Hulu以外のサービスではUNEXTのみが

図書館戦争を見放題で配信しています。

 

 

UNEXTで図書館戦争を無料視聴する

Hulu盾の勇者の成り上がり

UNEXTは月額2,189円(税込)と他の動画配信サービスと比較すると高めに設定されていますが、登録から31日間の無料トライアルがありますので【図書館戦争】も無料視聴ができます。レンタル動画を視聴する為に使うポイントも600ポイント付与されるのでレンタル動画も実質無料で視聴することが可能です。

また付与されるポイントは有料動画の視聴の為だけでなく、電子書籍や映画チケットの割引クーポンにも活用できます。総動画本数も160,000本以上でアニメだけでも3000作品以上を視聴することが可能です。見たい映画や作品は見つからないことがないくらい作品数が多いのが特徴です。

UNEXTで図書館戦争は見放題で無料視聴できます。

 

 

TSUTAYA TVで図書館戦争を無料視聴

TSUTAYA TVというサービスを使って無料視聴する方法をご紹介します。 TSUTAYA TVは動画配信サービスが月額1,026円(税込)で利用できるサービスとなっています。TSUTAYAでは【図書館戦争】の他にも数万本の映画が動画配信されています。現在、無料トライアル期間が30日間もらえます。

TSUTAYA TVは無料トライアルの入会であっても1,100円分のポイントが付与され、ポイントを使うことで動画配信や、宅配レンタルをお得に利用できます。 TSUTAYA TVはDVDの宅配レンタルもあり家から出る事なく、DVDをレンタルができます。返却する際も店舗に行かずに宅配で返却できます。月額2,659円(税込)となっていますが、動画配信のみなら月額1,026円(税込)で利用できます。

TSUTAYAで図書館戦争はレンタル作品となります。

 

 

Amazonプライムで図書館戦争を無料視聴

Amazonプライムビデオを使って【図書館戦争】を無料視聴する方法を紹介します。アマゾンプライムは月額500円のサービスとなり、月々ではなく年間の契約にすると月額440円(税込)ともっとお得になる動画配信サービスです。30日間の無料お試し期間も用意されていて、アマゾンで買い物をする方にはおすすめのサービスです。

Amazonプライムビデオでは50,000本以上の映画やドラマ、アニメ作品が見放題で動画配信されていて、日本ではネットフリックスに続く大きな動画配信サービスとなっています。月額500円という安さは他の動画配信サービスではありえませんね。

Amazonプライムで図書館戦争はレンタル作品となります。

 

 

dTVで図書館戦争を無料視聴する

dTVは月額500円(税込み)で利用できる動画配信サービスとなっています。総動画本数も12万本以上と多いですが、見放題作品は2万本ぐらいしかなく10万本は有料なものとなっている為、注意が必要です。【図書館戦争】は無料視聴が可能です。

dTVも31日間の無料トライアル期間が設定されている為、見放題作品は初月無料で楽しむ事が可能です。またBeeTV時代からのオリジナル作品に力を入れているので他の動画配信サービスよりもクオリティの高いオリジナル作品が楽しめるが特徴となっています。

dTVで図書館戦争の配信はありません。

 

 

Huluで図書館戦争を無料視聴する

Huluは月額1,026円(税込)の動画配信サービスで、2週間の無料視聴期間があります。手ごろな価格で60,000本以上の動画が見放題で視聴でき、月額料金の割に見放題な動画コンテンツ数が多いため、コスパのいい動画配信サービスです。他の動画配信サービスと違ってHulu内の動画は有料のレンタル動画が無くて、月額料金以外に追加料金が請求されないところもややこしくなく、良い点だと思います。

Huluで図書館戦争は14日間ですが無料視聴できます

 

 

Netflixで図書館戦争を無料視聴する

ネットフリックスには800円、1200円、1800円の3つのプランが用意されています。どのプランもはじめの1か月は無料でコンテンツが完全見放題となっており、無料期間中に具体的な作品コンテンツや使い勝手などをユーザーがチェックできる体制になっています。

ネットフリックスの料金支払い方法は、クレジットカード、デビッドカードをはじめ、PayPal経由での支払いやソフトバンクまとめて支払い、iTuneStore支払い、そして各種ギフトカードなどで支払いが可能です。

Netflixで【図書館戦争】の配信はありませんでした。

 

☟UNEXTの31日間無料で今すぐ見る☟

➡【U-NEXT】31日間の無料お試し中

 

図書館戦争のあらすじHulu

1988年、公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を規制するための「メディア良化法」が制定される。法の施行に伴い、メディアへの監視権を持つメディア良化委員会が発足し、不適切とされたあらゆる創作物は、その執行機関である良化特務機関(メディア良化隊)による検閲を受けていた。この執行が妨害される際には、武力制圧も行われるという行き過ぎた内容であり、情報が制限され自由が侵されつつあるなか、弾圧に対抗した存在が図書館だった。

実質的検閲[注 1]の強行に対し、図書館法に則る公共図書館は、「図書館の自由に関する宣言」を元に「図書館の自由法」を制定。あくまでその役割と本の自由を守るべく、やがて図書館は自主防衛の道へと突き進んだ。これ以降、図書隊と良化特務機関との永きに渡る抗争に突入していくことになる。

時代は昭和から正化へと移り、図書隊は激化する検閲やその賛同団体の襲撃によって防衛力を増す。それに伴い、拡大解釈的に良化法を運用し権勢を強めるメディア良化委員会との対立は、激化の一途をたどっていた。

時を同じくして正化26年(2014年)10月4日。高校3年生の郁は、ある一人の図書隊員に検閲の窮地から救われる。幼少時代からの大好きな本を守ってくれた図書隊員との出会いをきっかけに、郁は彼を“王子様”と慕い、自分も彼のように「理不尽な検閲から本を守りたい」という強い思いを胸に、図書隊の道を歩み始めた。

そして、メディア良化法成立から30年を経た正化31年(2019年)。郁は、自身の夢である念願の図書隊へと入隊を果たしたが、指導教官である堂上篤は、郁が目指した憧れの図書隊員とは正反対の鬼教官だった。男性隊員にも引けを取らない高い身体能力が取り柄の郁は、顔も名前もわからない王子様を慕って人一倍過酷な訓練をこなしていく。一方、堂上は、5年前に自らの独断が起こした「ある事件」を重く受け止めていた。

 

図書館戦争の声優Hulu

笠原 郁:井上麻里奈
堂上 篤:前野智昭
小牧幹久:石田 彰
手塚 光:鈴木達央
柴崎麻子:沢城みゆき
玄田竜助:鈴森勘司
稲嶺和市:佐藤晴男
折口マキ:田中理恵

 

図書館戦争の音楽

原作:有川 浩(「図書館戦争」「図書館内乱」「図書館危機」/アスキー・メディアワークス刊 )
キャラクター原案:徒花スクモ
監督:浜名孝行(「テニスの王子様」「ウエルベールの物語」)
シリーズ構成:古怒田健志
キャラクターデザイン:中村 悟
美術監督:池田繁美
アニメーション制作:プロダクション I.G(「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズ、「精霊の守り人」)
オープニング・テーマ:高橋 瞳「あたしの街、明日の街」
エンディング・テーマ:Base Ball Bear「changes」

 

図書館戦争の公式サイト

 

図書館戦争のサイト

 

『図書館戦争 革命のつばさ』予告編