Huluでウルトラマン配信終了!他サービスで無料で見る方法

Hulu Hulu

Huluでウルトラマンを見ようと思ったんですが、残念ながらHuluでのウルトラマンは配信終了して見れないようになっていました。

 

Hulu以外の動画サイトでウルトラマンが見れないかと調べてみると、ウルトラマンはUNEXTでもたくさん配信しています。

 

UNEXTで配信しているウルトラマンシリーズは全部で27作品もあり、いろんなシリーズを楽しむことができます。

 

しかも、UNEXTには31日間の無料お試しが付いていて、無料お試し中に解約した場合には、料金は発生しませんでした。

 

ウルトラマンの視聴ならHuluよりもUNEXTがおすすめです。

 

☟UNEXTでウルトラマンを見る☟

【UNEXT】31日間の無料お試し中!

 

 

Huluでウルトラマン配信終了!他サービスで無料で見る方法

残念ながらHuluでウルトラマンは配信終了して見れないようになっています。

Hulu以外の動画サイトだとUNEXTが最も多くウルトラマンを配信しています。

 

Hulu以外のサービスでもウルトラマンの配信状況を比較してみました。

 

UNEXT dTV
ウルトラマン 27作品 7作品
無料お試し期間 31日間 30日間

 

Hulu以外のサービスでウルトラマンはdTVとUNEXTで配信しています。

dTVの7作品に対してUNEXTでは27作品と圧倒的なウルトラマンの作品数でした。

 

UNEXTにはウルトラマン以外にもお子さんが喜んでくれる作品がに多く配信していて、出先などで子供に静かにしてほしいときには本当に使えます。

 

スマホからでもサクッと見れますからね。

 

ウルトラマンの配信はHuluよりもUNEXT

Hulu盾の勇者の成り上がり

・31日間の無料お試し期間あり

・お試し期間に600ポイント付与

・月額2,189円(税込み)

・国内の映画の配信数が国内No1

・「ウルトラマン」シリーズの動画が配信中

・子供も大人も楽しめる作品多数

 

U-NEXTでは「ウルトラマン」シリーズの動画が見放題にて配信中です。

初めて登録する方は無料のトライアル期間が31日間もあり、「ウルトラマン 」を見終えて、期間内に解約をすると料金が発生することなく「ウルトラマン」を視聴できます。

また動画の見放題作品数No.1なので、「ウルトラマン」以外にも、仮面ライダーやキッズ向けのアニメなどの多くを楽しむことが出来ます。

 

UNEXT31日間の無料お試し

UNEXTの公式サイト

 

ウルトラマン以外のキッズ向け作品もHuluよりUNEXT

  • アンパンマン
  • 仮面ライダーシリーズ
  • ハリーポッター
  • ドラゴンボール
  • ディズニー系
  • PUIPUIモルカー
  • ワンピース
  • しまじろう
  • きかんしゃトーマス

 

オトナも楽しめる映画も多数

  • 魔女がいっぱい
  • ミッドウェイ
  • テネット
  • ウォーキングデッド
  • パラサイト
  • インターステラー
  • バイオハザードシリーズ
  • 新感染 ファイナルエクスプレス
  • レディプレイヤー

 

もちろんこの他にも多くの映画や海外ドラマの多くを配信しています。

UNEXTは国内動画サイトでは配信数NO1のサービスですからね。

 

中にはレンタルの有料作品もありますが、登録時にもらえるポイントを利用すれば無料視聴も可能になります。

 

ウルトラマンをお子さんと一緒に楽しんだ後は、大人向けのコンテンツでも楽しんでみましょう。

 

繰り返しですが、UNEXTには31日間の無料お試しが付いていて、無料お試し中に解約すれば料金は発生しません。

 


UNEXT31日間の無料お試し

 

 

ウルトラマンの配信ならHuluよりもUNEXTがおすすめ

 

残念ながらHuluでのウルトラマンは配信終了して見れないようになっていました。

 

Hulu以外の動画サイトでウルトラマンが見れないかと調べてみると、ウルトラマンはUNEXTでもたくさん配信しています。

 

UNEXTで配信しているウルトラマンシリーズは全部で27作品もあり、いろんなシリーズを楽しむことができます。

 

しかも、UNEXTには31日間の無料お試しが付いていて、無料お試し中に解約した場合には、料金は発生しませんでした。

 

ウルトラマンの視聴ならHuluよりもUNEXTがおすすめです。

 

☟UNEXTでウルトラマンを見る☟

【UNEXT】31日間の無料お試し中!

 

 

ウルトラマンのみどころ・あらすじHulu

ドラマのクライマックスで登場し、怪獣や宇宙人と戦う巨人。その正体はM78星雲光の国出身の宇宙人である。宇宙警備隊員として、怪獣墓場に護送中に逃亡した宇宙怪獣ベムラーを追跡して地球を訪れ、誤って死なせてしまった科学特捜隊のハヤタ隊員に自分の命を分け与えて一心同体となり、地球の平和を守るために戦うことを決意する。

普段はハヤタの姿で行動するが、有事の際にはベーターカプセルを点火させてウルトラマンに変身し、怪獣や宇宙人と戦う。

ごく一部の例外を除き、原則として地球人とは会話せず、感情などは動きだけで表現し、「シュワッチ」あるいは「シュワッ」などと表記される数種の掛け声のみを発することが殆どである。

会議の中では「主人公が怪獣では問題がある」という意見も強く、監修者の円谷英二からも「スーパーマンのようなヒーローを」との提案が出された[8]。また、この時期に円谷が特技監督を担当した東宝特撮映画で、人間に味方する巨人と凶暴な怪獣が死闘を展開する『フランケンシュタイン対地底怪獣』(1965年・東宝)が公開されており、この映画も本作品の企画に少なからず影響を与えていると言われている。

ここでフジテレビ用に企画されていた番組『WoO』の「人間に味方する友好的宇宙人の活躍」というアイデアが流用され、『科学特捜隊ベムラー』という企画書が作成された[9]。この企画書では、「常識を越えた事件を専門に扱う科学特捜隊」と彼らに協力する正体不明の正義の宇宙人ベムラーが設定されている[10]。「飛行機事故で消息を絶った主人公がヒーローになって生還する」という設定はこの時点ですでに見られるが、主人公とベムラーの関係は企画書には明記されていない。

ベムラーの容姿は日本の伝説上の生物・烏天狗を思わせるもので、関係者から「敵怪獣との区別がつきにくい」や「ヒーローとしてのキャラクター性が弱い」との指摘があった。そこで『ベムラー』企画は再検討され、新たに『科学特捜隊レッドマン』が企画されることとなった[注 7]。この企画書では、正義の怪獣ではなく「甲冑を思わせるような赤いコスチューム」をまとった謎の男として設定されている。身長は2メートルから40メートルまで伸縮自在と設定されている。

また、変身時間の制限も導入された。主人公とヒーローの関係についても「飛行機事故でサコミズを死なせた宇宙人レッドマンが責任を取ってサコミズの身体を借りる」と明記され、後の完成作品におけるウルトラマンの設定の基本的な部分は完成していた。その一方、レッドマンは故郷が他の惑星の侵略で滅亡していること、サコミズ本人はすでに死亡してその心はレッドマンであること、サコミズには人気歌手の恋人がいることなど、完成作品との相違部分もある。

 

ウルトラマンの公式サイト

ウルトラマンのオンライン

 

映画『シン・ウルトラマン』特報【2021年初夏公開】
ウルトラマンシリーズ「UT」5/1~全世界のUNIQLOに登場!公式スペシャルムービー ~ウルトラマン・セブン・ゼロ編~