Netflixで幽遊白書を視聴すると損する?お得に配信してるのは

Hulu netflix
本ページはプロモーションが含まれています
※本ページはプロモーションが含まれています※

※このサイトはアフィリエイトプログラムを利用してます※

幽遊白書はNetflixで配信してますが、

Netflixで視聴すると損することになります。

 

Netflixは初月から月額料金(1,490円)の支払いが発生してしまうからです。

 

Netflix以外の配信サイトでは、無料トライアルを利用すれば無料視聴も可能でした。

幽遊白書をお得に視聴したい方は参考にしてみてください。

 

 

Netflixで幽遊白書を視聴すると損する?お得に配信してるのは

Netflixで幽遊白書を視聴すると損してしまうので、

Netflix以外の配信サイトを調べてみました。

無料トライアルを利用すれば無料視聴が可能です。

 

Netflix以外の幽遊白書の配信サイト

配信サービス 配信状況 無料お試し
〇配信中 31日間 今すぐ見る
〇配信中 14日間 今すぐ見る
レンタル 30日間 今すぐ見る

※これは2022年10月の配信状況です。最新の状況は各サイトにて確認ください※

 

Netflix以外のサイトだと幽遊白書は

UNEXTとHuluとAmazonプライムで配信しています。

 

Amazonプライムは有料のレンタル作品となっていますが、

UNEXTとHuluなら見放題の作品として配信してました。

 

UNEXTは月額2,189円、Huluは月額1,027円となっていて、

Huluの方が安く利用することができます。

 

 

さらにHuluには2週間の無料トライアルがあり、

2週間以内の利用であれば無料で利用できます。

※無料トライアル中に解約した場合には料金は発生しません※

 

➡Hulu無料トライアルの注意点

 

 

幽遊白書の配信はNetflixではなくHuluがお得

  • 2週間の無料トライアル期間あり
  • 海外ドラマの配信数が多い
  • いつでも解約OK!
  • 国内の映画の配信数が国内No1
  • 月額1,027円
  • 【幽遊白書】が見れる!

Huluでは幽遊白書を無料視聴できます。

 

初めて登録する方は無料のトライアル期間が2週間もあり、

幽遊白書を見終えて期間内に解約をすると、

料金が発生することなく視聴できます。

 

また動画の見放題作品数No.1なので、幽遊白書以外にも、

話題の新作映画や海外ドラマの多くを楽しむことが出来ます。

 

➡Hulu無料トライアルの注意点

 

幽遊白書の配信はNetflixでなくUNEXT

Hulu盾の勇者の成り上がり

  • 31日間の無料お試し期間あり
  • お試し期間に600ポイント付与
  • いつでも解約OK!
  • 国内の映画の配信数が国内No1
  • 【幽遊白書】が見れる!

UNEXTでは幽遊白書を無料視聴できます。

 

初めて登録する方は無料のトライアル期間が31日間もあり、

幽遊白書を見終えて期間内に解約をすると、

料金が発生することなく視聴できます。

 

また動画の見放題作品数No.1なので、幽遊白書以外にも、

話題の新作映画や海外ドラマの多くを楽しむことが出来ます。

 

➡UNEXT無料トライアルの注意点!

 

関連記事:UNEXTは本当に無料で利用できる?登録方法や解約方法

UNEXTで配信中の新作映画

UNEXTは国内の動画サイトの中でも配信数がトップクラスなので、

Hulu,Netflixと比べても多くの人気の映画やドラマを楽しむことができます。

 

中には有料のレンタル作品もありますが、

初回登録でもらえるポイントを利用すれば無料で見ることもできます。

 

繰り返しですが、UNEXTには30日間の無料お試しがあり、

無料お試し中に解約すれば料金は発生しません。

 

➡UNEXT無料トライアルの注意点!

 

幽遊白書はAmazonプライムで配信してる?

出典:Amazonプライム

幽遊白書はAmazonプライムで配信していますが、

有料のレンタル作品となっているので、課金が必要になってしまいます。

 

冒頭でも紹介したように幽遊白書はUNEXTの動画サイトを

利用することで無料視聴が可能になりました。

 

幽遊白書のあらすじ・みどころ

その名のとおり人間が住む世界。魔界や霊界の存在は一般人にまったく知られていないが、まれに、幻海や仙水といった強力な霊力を持つ者が現れる。そうした人間は、霊界側から接触を受け、協力者として妖怪と戦うこともある。

人間界と魔界は普段は隔絶しており、自由に行き来することはできないが、時折小さい穴が空き、そこから妖怪が入り込むこともある。そのような人間界への不法侵入者を退治し、霊界に引き渡すのが幽助の霊界探偵としての仕事だった。ただし、数百年前は人間界と魔界には垣根がなく、人間界に妖怪が普通に出入りしていた。当時はS級妖怪も人間界に出入りしており、アニメ版では全盛期の雷禅が人間によって手負いとなり幽助の遺伝上の母のもとに逃げ込むという描写があるなど、その当時はS級妖怪をも凌ぐ人間が存在していた事が窺える。

妖怪が住む世界。世界全体が障気で満たされており、普通の人間であれば魔界の空気を少し吸っただけで死に至るが、即死せず、肺を浄化してもらえば助かる。とてつもなく広大な世界で、無限に続く地下ビルのような構造になっており霊界が管理・把握できているのは地下1階の半分だけである。地下深くになる程強力な妖怪が多くなる。

住む妖怪は、その強さによって、弱い順からE級からS級に分けられているが、これはあくまで霊界が定めた基準であり、S級妖怪は「霊界が手出しできない強さ」というだけにすぎず、実際にはS級とされる妖怪でも、強さはピンからキリまである。そうした手の付けられない妖怪が間違っても人間界に入り込まないよう、霊界が次元のトンネルに結界を張って封じ込めているが、結界は巨大な網のような仕組みになっておりA級以上の妖気にしか反応しない。B級とC級は結界の隙間から侵入でき、D級以下の妖怪は素通りできる。

S級以外は明確な基準が出てきてはいないが、A級以上の妖怪は魔族大隔世を行うことができ(A級以上の必須条件かどうかは不明)、ある宗教の神や神話の悪魔と呼ばれている者もいる。また、B級以上を境に高い知性と理性を持った妖怪が多くなるとのこと。
左京たちの台詞から、人間界の通貨も使用可能(もしくは魔界の通貨と両替可能)らしいが、物価の差は凄まじいらしく8000兆円という金額でも魔界では都庁すら建てられないとのこと。

 

幽遊白書の公式サイト