検察側の罪人はHulu,Netflixで配信ある?Amazonプライムは?

Hulu

Hulu,Netflixで検察側の罪人を見ようと思ったんですが、

残念なことにHulu,Netflixでの配信はありませんでした。

 

どうしても映画検察側の罪人を見たかったので、

Hulu,Netflix以外の配信サイトを調べてみると無料で見れるサイトがありました。

 

もっと詳しく説明するので、検察側の罪人を無料視聴したい方は、

参考にしてみてください。

 

検察側の罪人はHulu,Netflixで配信ある?Amazonプライムは?

映画『検察側の罪人』予告

Hulu,Netflixで映画検察側の罪人の配信がなかったので、

Hulu以外の動画サイトで検察側の罪人の配信を調べてみました。

 

Hulu,Netflix他 検察側の罪人の配信サイト

配信サービス 配信状況 無料お試し
31日間 今すぐ見る
30日間 今すぐ見る
14日間 今すぐ見る
14日間 今すぐ見る
レンタル 30日間 今すぐ見る
dTV 31日間 今すぐ見る

※これは2021年3月の配信状況です※

 

Hulu,Netflix以外のサイトだと検察側の罪人は

AmazonプライムとTSUTAYAで配信しています。

 

Amazonプライムが有料のレンタル作品で課金が必要です。

 

TSUTAYAなら初回利用者に1,100円分のポイントと30日間の無料トライアルがもらえます。

このポイントを使えば検察側の罪人は無料で見れました。

 

無料お試し中に解約した場合には料金は発生しません。

 


TSUTAYA30日の無料お試し

 

映画 検察側の罪人の配信はHulu,NetflixでなくTSUTAYA

  • 30日間の無料お試し期間あり
  • お試し期間に1100ポイント付与(1100円分)
  • 月額2,659円(税込)・動画配信のみ月額1,026円(税込)
  • 検察側の罪人を無料視聴できる!
  • 人気の最新作の映画が多数配信中!
  • いつでも解約OK!

TSUTAYAでは「検察側の罪人」を無料で見れます。

 

初めて登録する方は無料のトライアル期間が30日間もあり、

検察側の罪人を見終えて期間内に解約をすると、

料金が発生することなく検察側の罪人を視聴できます。

 

また動画の見放題作品数No.1なので、検察側の罪人以外にも、

Hulu,Netflixで見れない新作の映画やドラマの多くを楽しむことが出来ます。

 

TSUTAYA30日の無料お試し

TSUTAYAの公式サイト

 

関連記事:TSUTAYAは本当に無料で利用できる?動画配信とレンタルの違い

TSUTAYAで配信中の新作映画

 

TSUTAYAで配信中の二宮和也さん・木村拓哉さん出演映画

TSUTAYAは国内の動画サイトの中でも配信数がトップクラスなので、

Hulu,Netflixと比べても多くの人気の映画やドラマを楽しむことができます。

 

中には有料のレンタル作品もありますが、

初回登録でもらえるポイントを利用すれば無料で見ることもできます。

 

繰り返しですが、TSUTAYAには30日間の無料お試しがあり、

無料お試し中に解約すれば料金は発生しません。

 

TSUTAYA30日の無料お試し

TSUTAYAの公式サイト

 

Hulu,Netflixでの映画 検察側の罪人の配信予定は?

Hulu,Netflixの公式サイトで検察側の罪人の配信予定を調べてみましたが、

いまのところHulu,Netflixで検察側の罪人の配信予定はありませんでした。

 

人気の映画なのは間違いないので、待っていればそのうちにHulu,Netflixで検察側の罪人の配信もあるかもですけどね。

Huluの配信予定ラインナップ

 

映画 検察側の罪人はHulu,Netflixでは配信終了見れない

残念ながら映画検察側の罪人はHulu,Netflixでは配信しておらず、

Hulu以外の動画サイトだとTSUTAYAで無料視聴できると分かりました。

 

検察側の罪人を無料で見たい場合には、

TSUTAYAの無料お試しを利用して見てみると良いでしょう。

 

映画 検察側の罪人はAmazonプライムで配信してる?

出典:Amazonプライム

映画検察側の罪人はAmazonプライムで配信していますが、

有料のレンタル作品となっているので、課金が必要になってしまいます。

 

冒頭でも紹介したように検察側の罪人はTSUTAYAの動画サイトを

利用することで無料視聴が可能になりました。

 

映画 検察側の罪人のあらすじ・みどころHulu,Netflix

映画『検察側の罪人』予告2

東京地検の検事・最上毅と同じ刑事部に、検察教官時代の教え子だった沖野啓一郎が配属されてきた。沖野は老夫婦刺殺事件の容疑者・松倉重生を取り調べることとなる。しかし、松倉は、かつて最上が関わった女子中学生殺人事件の関係者でもあった。

2012年4月、大田区蒲田で刺殺事件が起きる。被害者は74歳の都築和直と71歳の晃子という2人暮らしの老夫婦である。都築夫婦は、年金のほかにアパート貸しの家賃収入で生活をしていたが、競馬が趣味の都築和直は、競馬仲間たちに数万から数十万円程度の金貸しをしていた。沖野は最上の指導のもと、この捜査本部事件を担当することになる。捜査に立ち会った最上は、複数の容疑者リストの中から一人の容疑者の名前に気づき驚愕する。松倉重生。それは、すでに時効となった23年前の根津で起きた女子中学生殺人事件の有力容疑者と当時目されていた人物だった。殺された少女・久住由季(当時中学2年生)は、最上が大学時代に親しくしていた寮の管理人夫婦の一人娘であった。しかし、結局は証拠不十分で逮捕には至らず、事件は迷宮入りしたまま時効を迎えていた。

松倉は、リサイクルショップでアルバイトをする、現在63歳の風采のあがらない男であった。最上は、松倉が今回の蒲田の刺殺事件の犯人であるならば、今度こそ松倉に罪の償いをさせ、法の裁きを受けさせなければならないと決意する。別件で逮捕された松倉は取り調べ中に、すでに時効の成立した23年前の根津の事件についてはあっさり自身の犯行を自供したものの、今回の事件に関しては一貫して犯行を否認し続ける。捜査が進むにつれ、新たな有力容疑者(弓岡嗣郎)が浮上するなど、松倉犯人説は難しくなっていくが、最上はあくまでも松倉にこだわり続ける。一方、直接、松倉の取り調べを担当する沖野は、最上が執着する事情を知らず、彼が指示する捜査方針に疑問を持ち始める。