薬の神じゃないはHulu,Netflixで配信ある?Amazonプライムは

Hulu

Hulu,Netflixで薬の神じゃないを見ようと思ったんですが、

残念なことにHulu,Netflixでの配信はありませんでした。

 

どうしても映画薬の神じゃないを見たかったので、

Hulu,Netflix以外の配信サイトを調べてみると無料で見れるサイトがありました。

 

もっと詳しく説明するので、薬の神じゃないを無料視聴したい方は、

参考にしてみてください。

 

薬の神じゃないはHulu,Netflixで配信ある?Amazonプライムは

映画『薬の神じゃない!』予告編

Hulu,Netflixで映画薬の神じゃないの配信がなかったので、

Hulu以外の動画サイトで薬の神じゃないの配信を調べてみました。

 

Hulu,Netflix他薬の神じゃないの配信サイト

配信サービス 配信状況 無料お試し
31日間 今すぐ見る
30日間 今すぐ見る
14日間 今すぐ見る
14日間 今すぐ見る
レンタル 30日間 今すぐ見る
dTV 31日間 今すぐ見る

※これは2021年3月の配信状況です※

 

Hulu,Netflix以外のサイトだと薬の神じゃないは

AmazonプライムとTSUTAYAで配信しています。

 

Amazonプライムが有料のレンタル作品で課金が必要です。

 

TSUTAYAなら初回利用者に1,100円分のポイントと30日間の無料トライアルがもらえます。

このポイントを使えば薬の神じゃないは無料で見れました。

 

無料お試し中に解約した場合には料金は発生しません。

 


TSUTAYA30日の無料お試し

 

映画薬の神じゃないの配信はHulu,NetflixでなくTSUTAYA

  • 30日間の無料お試し期間あり
  • お試し期間に1100ポイント付与(1100円分)
  • 月額2,659円(税込)・動画配信のみ月額1,026円(税込)
  • 薬の神じゃないを無料視聴できる!
  • 人気の最新作の映画が多数配信中!
  • いつでも解約OK!

TSUTAYAでは「薬の神じゃない」を無料で見れます。

 

初めて登録する方は無料のトライアル期間が30日間もあり、

薬の神じゃないを見終えて期間内に解約をすると、

料金が発生することなく薬の神じゃないを視聴できます。

 

また動画の見放題作品数No.1なので、薬の神じゃない以外にも、

Hulu,Netflixで見れない新作の映画やドラマの多くを楽しむことが出来ます。

 

TSUTAYA30日の無料お試し

TSUTAYAの公式サイト

 

関連記事:TSUTAYAは本当に無料で利用できる?動画配信とレンタルの違い

TSUTAYAで配信中の新作映画

TSUTAYAは国内の動画サイトの中でも配信数がトップクラスなので、

Hulu,Netflixと比べても多くの人気の映画やドラマを楽しむことができます。

 

中には有料のレンタル作品もありますが、

初回登録でもらえるポイントを利用すれば無料で見ることもできます。

 

繰り返しですが、TSUTAYAには30日間の無料お試しがあり、

無料お試し中に解約すれば料金は発生しません。

 

TSUTAYA30日の無料お試し

TSUTAYAの公式サイト

 

Hulu,Netflixでの映画薬の神じゃないの配信予定は?

Hulu,Netflixの公式サイトで薬の神じゃないの配信予定を調べてみましたが、

いまのところHulu,Netflixで薬の神じゃないの配信予定はありませんでした。

 

人気の映画なのは間違いないので、待っていればそのうちにHulu,Netflixで映画薬の神じゃないの配信もあるかもですけどね。

Huluの配信予定ラインナップ

 

映画薬の神じゃないはHulu,Netflixでは配信終了見れない

残念ながら映画薬の神じゃないはHulu,Netflixでは配信しておらず、

Hulu以外の動画サイトだとTSUTAYAで無料視聴できると分かりました。

 

薬の神じゃないを無料で見たい場合には、

TSUTAYAの無料お試しを利用して見てみると良いでしょう。

 

映画薬の神じゃないはAmazonプライムで配信してる?

出典:Amazonプライム

映画薬の神じゃないはAmazonプライムで配信していますが、

有料のレンタル作品となっているので、課金が必要になってしまいます。

 

冒頭でも紹介したように薬の神じゃないはTSUTAYAの動画サイトを

利用することで無料視聴が可能になりました。

 

映画薬の神じゃないのあらすじ・みどころHulu,Netflix

映画『薬の神じゃない!』予告編

上海で、男性向けの回春薬を売る小さな店主チョン・ヨン(程勇)は、店の家賃さえ払えず、妻にも見放され、人生の目標を見失っていた。ある日、「血液のがん」である慢性骨髄性白血病患者リュ・ショウイー(呂受益)が店に訪れる。国内で認可されている治療薬は非常に高価であるため、安価で成分が同じインドのジェネリック薬を購入してほしいという依頼だった。最初は申し出を断ったものの、金に目がくらんだチョンは、ジェネリック薬の密輸・販売に手を染め、より多くの薬を仕入れるため、購入グループを結成する。依頼人のリュを始め、白血病患者が集まるネット上コミュニティの管理人で、自身も白血病の娘を持つポールダンサーのリウ・スーフェイ(劉思慧)、中国語なまりの英語を操るリウ牧師(劉牧師)、力仕事が得意な不良少年のボン・ハオ(彭浩)が加わり、事業はさらに大きく拡大していく。警察に密輸として目をつけられ始め、いったんはグループを解散したチョン・ヨンたちだったが、薬を絶たれた患者たちの悲痛な叫びに決意を固める。患者の負担を軽くするため仕入れ値以下の価格で薬を売り、あえて危険な仕事を続ける彼に待ち受ける結末とは

 

薬の神じゃないの公式サイト