リリーのすべてはHulu,Netflixで配信してる?Amazonプライムは?

映画

Hulu,Netflixでリリーのすべてを見ようと思ったんですが、

残念なことにHulu,Netflixでの配信はありませんでした。

 

どうしても映画リリーのすべてを見たかったので、

Hulu,Netflix以外の配信サイトを調べてみると無料で見れるサイトがありました。

 

もっと詳しく説明するので、リリーのすべてを無料視聴したい方は、

参考にしてみてください。

 

リリーのすべてはHulu,Netflixで配信してる?Amazonプライムは?

映画『リリーのすべて』予告編

Hulu,Netflixで映画リリーのすべての配信がなかったので、

Hulu以外の動画サイトでリリーのすべての配信を調べてみました。

 

Hulu,Netflix他リリーのすべての配信サイト

配信サービス 配信状況 無料お試し
31日間 今すぐ見る
30日間 今すぐ見る
14日間 今すぐ見る
14日間 今すぐ見る
レンタル 30日間 今すぐ見る
dTV 31日間 今すぐ見る

※これは2021年5月の配信状況です※

 

Hulu,Netflix以外のサイトだとリリーのすべては

AmazonプライムとTSUTAYAで配信しています。

 

Amazonプライムが有料のレンタル作品で課金が必要です。

 

TSUTAYAなら初回利用者に1,100円分のポイントと30日間の無料トライアルがもらえます。

このポイントを使えばリリーのすべては無料で見れました。

 

無料お試し中に解約した場合には料金は発生しません。

 


TSUTAYA30日の無料お試し

 

映画リリーのすべての配信はHulu,NetflixでなくTSUTAYA

  • 30日間の無料お試し期間あり
  • お試し期間に1100ポイント付与(1100円分)
  • 月額2,659円(税込)・動画配信のみ月額1,026円(税込)
  • リリーのすべてを無料視聴できる!
  • 人気の最新作の映画が多数配信中!
  • いつでも解約OK!

TSUTAYAでは「リリーのすべて」を無料で見れます。

 

初めて登録する方は無料のトライアル期間が30日間もあり、

リリーのすべてを見終えて期間内に解約をすると、

料金が発生することなくリリーのすべてを視聴できます。

 

また動画の見放題作品数No.1なので、リリーのすべて以外にも、

Hulu,Netflixで見れない新作の映画やドラマの多くを楽しむことが出来ます。

 

TSUTAYA30日の無料お試し

TSUTAYAの公式サイト

 

関連記事:TSUTAYAは本当に無料で利用できる?動画配信とレンタルの違い

TSUTAYAで配信中の新作映画

TSUTAYAは国内の動画サイトの中でも配信数がトップクラスなので、

Hulu,Netflixと比べても多くの人気の映画やドラマを楽しむことができます。

 

中には有料のレンタル作品もありますが、

初回登録でもらえるポイントを利用すれば無料で見ることもできます。

 

繰り返しですが、TSUTAYAには30日間の無料お試しがあり、

無料お試し中に解約すれば料金は発生しません。

 

TSUTAYA30日の無料お試し

TSUTAYAの公式サイト

 

Hulu,Netflixでの映画リリーのすべての配信予定は?

Hulu,Netflixの公式サイトでリリーのすべての配信予定を調べてみましたが、

いまのところHulu,Netflixでリリーのすべての配信予定はありませんでした。

 

人気の映画なのは間違いないので、待っていればそのうちにHulu,Netflixで映画リリーのすべての配信もあるかもですけどね。

Huluの配信予定ラインナップ

 

映画リリーのすべてはHulu,Netflixでは配信終了見れない

残念ながら映画リリーのすべてはHulu,Netflixでは配信しておらず、

Hulu以外の動画サイトだとTSUTAYAで無料視聴できると分かりました。

 

リリーのすべてを無料で見たい場合には、

TSUTAYAの無料お試しを利用して見てみると良いでしょう。

 

映画リリーのすべてはAmazonプライムで配信してる?

出典:Amazonプライム

映画リリーのすべてはAmazonプライムで配信していますが、

有料のレンタル作品となっているので、課金が必要になってしまいます。

 

冒頭でも紹介したようにリリーのすべてはTSUTAYAの動画サイトを

利用することで無料視聴が可能になりました。

 

映画リリーのすべてのあらすじ・みどころHulu,Netflix

1926年のデンマークの首都コペンハーゲン。肖像画家のゲルダ・ヴェイナーは、風景画家の夫・アイナーと暮らしていた。ゲルダの画家としての名声はアイナーに及ばなかった。ある日、ゲルダが制作中の絵(女性ダンサー)のモデルが来られなくなり、アイナーに脚部のモデルを頼む。それを見たゲルダは、冗談でアイナーを女装させ、「リリー」という名の女性として知人のパーティーに連れて行ったが、リリーが男性と親しげにする姿に当惑する。

しかしその後もアイナーはリリーとして男性と密会を続けていた。ゲルダはリリーをモデルとした絵を描き、画商から評価を受ける。アイナーに対して、ゲルダは自分の前では男でいることを望むが、アイナーは「努力してみる」としか答えず、パーティーの出来事が女装のきっかけではないと打ち明ける。やがて、アイナーはリリーとして過ごす時間が増え、絵を描くこともやめてしまう。ゲルダはアイナーを医者に診せるが、そこでは精神疾患という扱いしか受けなかった。

リリーのすべて公式