Huluでヘタリアは動画配信なし!他に無料で見れる動画サービスとは?

Huluでヘタリアは動画配信なし!他に無料で見れる動画サービスとは?

Huluでアニメ「ヘタリア」が配信中と聞いて見てみましたが、

残念ながらHuluでヘタリアの配信は行われていませんでした。

ヘタリアが見れると聞いてヘタリアを見るモードになっていたので、Hulu以外のサービスでもヘタリアが配信されていないか調べました。

調べてみた結果、ヘタリアはUNEXTで見放題作品として配信されています。

UNEXTではアニメのみならず

・ミュージカル「ヘタリア~Singin’ in the World~」

・ミュージカル「ヘタリア~The Great World~」

・ミュージカル「ヘタリア~in the new world~」 大阪千秋楽ノーカット版

もUNEXTでは配信中です。

UNEXTには31日間の無料トライアルがあり、31日間以内に解約すれば無料で動画を楽しむことができるんです。

 

【2019年9月更新】

ヘタリアを視聴するならアニメ放題というサービスが安く見れます。

アニメ放題ならヘタリアの全シリーズを配信していて、全部が見放題の作品となっています。

アニメ放題は月額400円のサービスで30日間の無料お試し期間まで付いています。

しかもアニメ作品なら2,000タイトル以上が全て見放題です。

 

☟アニメ放題でヘタリアを無料視聴する☟

Huluヘタリア

※30日以内に解約すれば無料で見れます※

 

Hulu以外でのヘタリア配信

Huluではヘタリアは配信されていなかったので、UNEXTの他にもヘタリアが配信していないかを調べました。

Hulu以外ではUNEXTとアニメ放題で配信していました。

 

<ヘタリアの配信状況比較>

UNEXT アニメ放題
月額料金 1,990円 400円
無料お試し期間 31日間 30日間
ヘタリアAxis Powers
ヘタリア World Series
ヘタリア The Beautiful World
ヘタリア The World Twinkle
銀幕ヘタリア Axis Powers Paint it, White
ミュージカル「ヘタリア~Singin’in the World~」
ミュージカル「ヘタリア~The Great World~」

 

ヘタリアの配信を調べた結果UNEXTよりもアニメ放題の方が

作品数も多く価格も安く見ることができますね。

アニメ放題ならUNEXTの半額以下で見れます!

 

 

ヘタリアとは

1話がなんと5分で完結する他にはないアニメ「ヘタリア」です。

女性にめちゃくちゃ人気があり、ちょっとマニアックなアニメとして水面下で人気になりました。

独特のストーリーでサクッと見れるアニメなので、まだ1ども見たことがない人にもおすすめです。

UNEXTなら31日間の無料視聴できるので、利用してみるのも良いですね。

 

☟アニメ放題でヘタリアを無料視聴する☟

Huluヘタリア

※30日以内に解約すれば無料で見れます※

 

 

ヘタリアのあらすじ・内容

ヘタリアの本作品は、世界史をモチーフの主軸とし、世界の様々な国の歴史や、人種、民族、風俗、気風、風土、イメージなどを人型に模したキャラクター達が織り成す、国の擬人化歴史コメディであります。

元々は、作者の個人サイトに掲載されたウェブ同人漫画であって、その後に、商業漫画として書籍化され大ヒットして、メディアミックスされました。

近代史では、特に第二次世界大戦を中心に扱っていて、「国家間の歴史問題を、ヤオイ的な感覚を含む人間関係として描写することで、国際関係をユーモラスに風刺する」という作品であります。

作者の日丸屋秀和がニューヨークの学校でデザインを学ぶ際、様々な民族・人種の面白さを知り、調べているうちにエスニックジョーク系のサイトを見つけ、この作品の元が出来上がったのだというのは有名ですね。

朝日新聞の松尾慈子は、「国民性の表れ方が的確で、笑いのつぼをつく。各国の性格がよく現れているのは、人種のるつぼといわれるニューヨークで暮らす作者の体験が生きているのだろう」と評しています。

主人公イタリアとドイツなどの枢軸国を中心に、キャラクター(国)が戦争したり友人になったりする様子を、彼らを取り巻く関係(国際関係)を、史実とエスニックジョークを交えて描くドタバタコメディとなっています。

ヘタリアのモチーフは、いつも世界史だけでなく、時事ネタやキャラクターのオリジナルエピソードも多く含まれる。エピソードには、2ちゃんねるの軍事板などを参考にしたものも含まれているんですね。

作者の個人サイトは随時更新されるため、現在では確認出来ないデータも数多くあるそうです。時系列に沿って話が進むわけではなく、書籍では章ごとに時代が変わったり、場所やキャラクター(国)の相関関係が変わったりするため、この点がやや読みにくいという意見もたまにあります。

メディアにも多く登場して様々な意見・議論を巻き起こして、いまだに論争の続く時代を中心に扱っていることもあり、「国家を擬人化して戦争を描写することの危険性」が指摘されることもあった過去もあります。